IEC InternationalEducationCenter 一般財団法人 国際教育振興会

English Leaflet (PDF) Downroad

「国際教育振興会」は1947年4月、「国際教育文化協会」の名称で設立されました。1948年8月、文部省認可の財団法人となり、1958年12月、東京都所管の財団法人に移行、2012年4月からは内閣府所管の一般財団法人となっています。設立以来、65年にわたり、「国際教育交流・異文化理解促進事業」と「英語・日本語等語学教育事業」の2つの事業を展開しています。

■国際教育交流・異文化理解促進事業

国際的な場で通用する英語力と教養を涵養する「グローバル人材育成プログラム」、日米両国で交互に開催する「日米学生会議」(1934年〜)、「外国人による日本語弁論大会」(1960年〜)などを実施、開催しています。

■英語・日本語等語学教育事業

初心者から上級の通訳者養成までの英語教育を行う「日米会話学院」(1945年設立)、主に成人外国人に対し日本語教育を行う「日本語研修所」(1967年設立)の2つを運営しています。

EVENTS & ACTIVITIES

グローバル人材育成プログラム
Globally-oriented Human Assets Development Program

国際政治経済、歴史、哲学、文学、芸術等を英語、日本語、フランス語及びその他の言語で学際的に学ぶプログラム、及び大学・大学院等への留学/留学準備コースを実施します。以下の3講座があります。

School of International Studies -SIS- (国際教養講座)

大学院留学準備講座

第63回 外国人による日本語弁論大会(2022年度)
The 63rd International Speech Contest in Japanese

第63回(2022年度)「外国人による日本語弁論大会」休止のご案内
過去2年程にわたる新型コロナウイルス感染症拡大により、外国人の方々の日本への入国制限措置が継続された結果、同大会への参加主体である大学生、高校生、国際交流員が大幅に減少しています。また、入国制限が緩和されても、入国後、大会に参加できるまでの準備にはかなりの時間を要することが想定されます。これらのことから、大会に必要な応募者数を確保できる目途がたたず、誠に残念ですが、2022年度の同大会は休止することといたしました。
来年度、2023年度に向けては、新型コロナウイルス感染症の状況を見ながらも、開催に向けた努力を継続していく所存です。

■ 2023年度(第63回大会)以降の開催地募集中!→ 開催地募集について詳しくみる
お問い合わせ先: 一般財団法人国際教育振興会「外国人による日本語弁論大会事務局」
e-mail: benron@iec-nichibei.or.jp   Tel: 03-3359-9620

第62回 外国人による日本語弁論大会(2021年度)
The 62nd International Speech Contest in Japanese

世界の人々に日本語で意見を発表する場を提供することにより、日本や国際社会のあり方をお互いに考え合うことを目的としています。1960年より開催されております。第62回大会は、佐賀県佐賀市にて、新型コロナ感染症拡大のため無観客で開催いたしました。スピーチ動画は以下の弁論大会ページからご覧ください。

日 時:
2021年5月29日(土)午後1時開始
出場者一覧、大会結果はこちら
会 場:
佐賀市文化会館大ホール
応募受付期間:
2021年3月1日(月)から4月15日(木)
主 催:
国際教育振興会、国際交流基金、佐賀市
後 援:
外務省/文化庁/佐賀県/佐賀県教育委員会/佐賀市教育委員会/公益財団法人佐賀県国際交流協会/佐賀市国際交流協会/一般社団法人佐賀市観光協会/国立大学法人佐賀大学/佐賀女子短期大学/西九州大学・西九州大学短期大学部/ヒューマンアカデミー日本語学校佐賀校/佐賀県日本語学習支援カスタネット/NHK/NHKエデュケーショナル/日本語教育学会
協 賛:
キッコーマン株式会社/専門学校新聞社/にほんごの凡人社/リコージャパン株式会社/株式会社スリーエーネットワーク

第62回スピーチ動画、実施要領などはこちら弁論大会のページへポスター実施要領申込書(Word)申込書(PDF)

過去大会のスピーチ動画も配信中!
→ 2019年度の動画をみる → 2018年度の動画をみる → 2017年度の動画をみる
→ 2016年度の動画をみる → 2015年度の動画をみる → 2014年度の動画をみる
→ 2013年度の動画をみる

2020年度大会概要はこちら

第74回日米学生会議(2022年度)
The 74th Japan-America Student Conference (JASC)

日米の大学の有志学生によって提唱され、1934年、第1回会議が開催されました。以来、太平洋戦争等よる2度の中断がありましたが、毎年夏、日米交互に開催されています(※コロナ禍により、2020年度は全面オンライン方式、2021年度はオンラインと対面を組み合わせたハイブリッド方式で開催)。日本側、米国側からそれぞれ36名ずつ、72名の学生が参加し、約3週間、各地を視察し、起居をともにしながら、政治、経済、社会、教育、文化などの多部門にわたり討論を行います。2022年度の会議は米国にて、以下の要領で開催される予定です。


開催地:
ニューヨーク、ワシントンDC、アナポリス(当初予定サンフランシスコより変更されました)
開催期間:
2022年8月4日(木)〜8月26日(金)[本会議]
テーマ:
「交差する価値を求めて〜個の葛藤、世界の構築」
後 援:
外務省、文部科学省、米国大使館、一般社団法人日米協会

応募詳細は以下をご覧ください。
日米学生会議(JASC)Home Page
第74回日米学生会議案内書

英語教育方法研究セミナー
English Teaching Methods Seminar

小学校、中等教育の現場で応用可能な英語教授法の多様な側面を紹介します。受講者の皆さまにも参加して頂く、実践演習方式のセミナーです。


対 象:
小学校教員、中学・高校の英語教員、英語教員志望の大学生、英語教育に関心のある一般社会人など
会 場:
一般財団法人国際教育振興会 日米会話学院 (東京、四谷)

→ 詳細近日公開

「全国中学高校教員による英語弁論大会」
All Japan Teachers’ English Speech Contest

中学高校の現職教員に実力開示と競技参加への機会を提供することで、教育現場での英語教育の向上に寄与することを目的に以下の要領で開催されました。(本大会は現在開催休止しています。

演 題:
「異文化理解」、「英語教育」、「世界・アジアの中の日本」、「教育と社会」などの分野から自由にテーマを設定(7分程度)
会 場:
国際教育振興会(東京・四谷)
後 援:
文部科学省、日本英語検定協会、米国大使館、桜美林学園、日米協会、国際交流基金日米センター、朝日新聞社、全国英語教育研究団体連合会、専門学校新聞社

第37回(2015年度)大会  → 実施要領 → プログラムをみる
第37回大会(2015年度)入賞者の写真とスピーチ(音声)! こちらから
第36回大会(2014年度)入賞者の写真とスピーチ(音声)! こちらから
第35回大会(2013年度)入賞者の写真とスピーチ(音声)! こちらから

海外高校・大学・大学院生の日本研修
Japan Studies Program

米国高校生夏期日本研修プログラム

米国ワシントンD. C.の主要高校からの高校生6〜7名および引率の米国人教師1名を対象に東京、広島、京都、奈良への社会見学、東京でのホームステイを実施します。

実施期間:
2020年6月25日(木)〜7月15日(水)
本年の当プログラムは中止となりました。

2019年度実施報告をみる

ホストファミリー登録受付中!
今年の受入れはございませんが、来年以降ご興味ある方はご参考までご覧ください。

エルマイラカレッジ(米国ニューヨーク州)日本研修プログラム

同大学の日本研究ゼミ生約10名と担当教授が3週間の日程で来日。当初は四谷の弊会などでの日本語研修、日本研究ゼミ、都内見学、都内近郊でのホームステイ体験。その後、広島、京都、名古屋への社会見学後帰国しました。

実施期間:
2019年5月6日(月)〜5月26日(日)

高円宮妃殿下論文コンテスト
Princess Takamado Essay Contest

「高円宮日本教育・研究センター」(カナダ・アルバータ大学内)の活動の一環として、日本の大学在学生を対象に英語論文コンクールを実施するに際し、日本側事務局を務めてきた。
2022年より一般の日本人大学生を対象としたコンクールから、在カナダの日本関連の学会への参加学部生、院生への費用負担を目的とした論文コンテストに変更されたが、継続して日本での広報を支援している。→ 詳しくはこちら